東海住宅は『ZEH認定ビルダー』です



 
ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略 ネットゼロエネルギー住宅とは、建物の断熱化+機器の高効率化により、使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、エネルギー収支がゼロになる住宅のこと。


省エネルギー
断熱性の高い外壁材などで住まいの断熱性をあげたり、省エネ性能の高い給湯システムを導入して消費するエネルギーを減らすことなど。

創エネルギー
太陽光発電システムを設置したり、創出した電力を蓄電池システムによって効率的に使うなど。

※狭小住宅などで、充分な太陽光発電システムの設置ができない場合の措置として、
年間の消費一次エネルギー量を限りなくゼロに近づけた、Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)も定義されています。
 

平成28年度にZEHビルダーを登録、補助金制度で支援しています。
政府は、2014年4月に閣議決定した『エネルギー基本計画』の中で、2020年には標準的な新築住宅を、ZEH(ゼッチ)とすることを目標に掲げました。 この目標を達成するため経済産業省は、自社が受注する住宅のうち、ZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げる事業者を『ZEHビルダー』として公募。認定した『ZEHビルダー』には補助金を交付する取り組みを始めました。 ZEHを推し進めることで、月々の光熱費を抑えることにつながり、ひいてはお施主様の豊かな暮らしを支えられるとの考えから、東海住宅株式会社はこの事業に賛同し、『ZEHビルダー』に認定されました。


2020年までには50%の住宅をZEH住宅とする事を目標としております。
 

今後のZEH普及率目標 ※Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)含む

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
10% 20% 30% 40% 50%
2016年度実績 2017年度実績 2018年度実績 2019年度実績 2020年度実績
40% 25%